dictionary

基礎知識から専門家のスラング、トリビアまで、
濃厚抽出、コーヒー用語エトセトラ。

  • 産地

    • ウォッシュ(水洗式)

      精選方法のひとつで、コーヒーの実を収穫後果肉を機械(手動もあれば自動のものもある)で剥いた後、パーチメントコーヒーに付着するぬめり(ミューシレージ)を除去。名称はフーリーウォッシュド、メカニカルウォッシュドなど、国や地域によって様々あり統一の基準は特になし。

      ウォッシュ(水洗式)

    • 格付け

      コーヒー豆のグレードを表したもの。その国の地理や環境、精選方法の特徴が格付けには反映されていて、国や地域によって呼び名や基準や違う場合もある。

      格付け

    • 欠点

      虫食い、変色、割れ欠けなど欠陥がある豆。数え方は何種類かあり、少ない方が望ましい。

      欠点

    • スクリーンサイズ

      コーヒー豆の大きさ。異なる目のふるいを使用して大きさ別に分けられる。

      スクリーンサイズ

    • スマトラ式

      インドネシアで多い精製方法で、コーヒーの実の果肉を剥いた後、パーチメントコーヒーに付着するミューシレージを残したまま豆を十分に乾燥させない状態で脱殻し、その後さらに乾燥する方法。

      スマトラ式

    • 精選工程

      コーヒーの実を収穫後、グリーンコーヒー・生豆を取り出すために果肉、ミュシレージ、パーチメントを取り除く工程。精選工程は品質や味を左右するとても重要な要素。

      精選工程

    • ナチュラル(非水洗式)

      精選方法のひとつで、コーヒーの実を収穫後果肉を除去せずにそのまま乾燥させ、その後果肉とパーチメントを一度に除去する方法。果肉をつけたまま、乾燥させることでコーヒー豆に風味を移すことが特徴。

      ナチュラル(非水洗式)

    • パルプドナチュラル(ハニープロセス)

      精選方法のひとつで、コーヒーの実の果肉を剥いた後、パーチメントコーヒーに付着するミューシレージを残したまま乾燥する方法。「ハニープロセス」とも呼ばれ、除去するミューシレージの量によって「イエローハニー」「レッドハニー」「ブラックハニー」と違う名前で呼ばれる。

      パルプドナチュラル(ハニープロセス)

    • ピッカー

      コーヒーの実を一粒ずつ丁寧に手で摘みバスケットなどに集める仕事をする人。

      ピッカー